スポーツあれこれ by 星野恭子

5月8日、「セイコーゴールデングランプリ陸上2022東京」が開催された国立競技場。約9,000人の観客が来場し、温かい拍手で国内外のトップアスリートたちのパフォーマンスを後押しした。

「見て知る」機会が増加~オリ・パラ一体の意義
<2022年4月まとめ>

※写真上:5月8日、「セイコーゴールデングランプリ陸上2022東京」が開催された国立競技場。約9,000人の観客が来場し、温かい拍手で国内外のトップアスリートたちのパフォーマンスを後押しした。

国立競技場開催の国際陸上競技大会としては、昨年夏の東京2020大会以来となった「セイコーゴールデングランプリ陸上2022東京」が5月8日に開かれました。

東京オリンピックのメダリストや世界記録保持者も参戦し、トラック9、フィールド5の全14種目が実施された大会には約9,000人の陸上ファンが詰めかけました。私もその一人で、陸上競技を一ファンとして堪能したいとチケットを購入し、バックスタンドのほぼ中央の観客席に陣取りました。

お目当ての種目の一つはパラ種目から唯一実施された、4x100ユニバーサルリレーです。男女2名ずつ、しかも、1走は視覚障害、2走は切断・機能障害、3走は脳性まひ、4走は車いすと出場できる障害クラスが限定されたリレーです。東京パラリンピックから初めて正式種目となったばかりの新種目ですが、日本代表が銅メダルを獲得するなど注目されました。

そのユニバーサルリレーが唯一、グランプリ大会のなかで行われるーー私はふだん、メディアとしてミックスゾーンからレースを見守ることが多いですが、一般観客としてスタンドで観戦してみたいと思ったのです。

新鮮でした。私の周囲の観客はユニバーサルリレー初観戦の人が多かったようです。場内アナウンスで「パラリンピック種目」であることや「走順規定」などが説明されると、「へ~」。レースがスタートすると、「速い、速い!」。そして、「バトンでなく体にタッチ」でリレーが行われる様子に、「タッチも難しそう」などといった声が聞こえてきたのです。

無事に“バトン”がつながり、レースがフィニッシュすると、「お~」という声とともに温かい拍手が響きました。「おもしろかったね」という声まで!

ユニバーサルリレーはパラ陸上の大会では当たり前になってきた種目ですが、9,000人の前で実施されるチャンスはまだ、そう多くはありません。今回はグランプリ大会に組み込まれたことで、多くの陸上ファンの目に触れる機会となりました。さまざまな障害クラスの選手の存在をPRする機会にもなったと思います。

日本パラ陸上競技連盟は今季、コロナ禍で海外開催の国際大会への選手派遣がまだ難しいことから、このような一般大会にパラ種目を組み込み、記録が公認される機会を増やしています。今後もたとえば、布施スプリント(6/25~26/鳥取)やホクレンディスタンス(7月中/北海道)で実施が確定(5月20日時点)しており、他に実施要請中の大会も複数あります。

選手たちにとって記録更新の貴重な機会になるだけでなく、さまざまな地域で実施されることはパラ陸上のPRという点でも有意義です。ぜひ多くの方に見ていただければと思います。

また、こうした機会が他の競技でも広がっていくこことを願っています。

==========
<2022年4月度>
■寄稿:
⇒【ボランティア】【北京2022パラリンピック・大会ボランティアリポート】コロナ禍、戦火の影響‥‥‥。特異な大会を、若い世代のボランティアが明るくけん引!(日本スポーツボランティアネットワーク/2022年4月1日付)

⇒【車いすラグビー】車いすラグビー日本代表が意気込み。「22年の最終ゴールは世界選手権連覇」(ノーボーダー/2022年4月4日付)

⇒【ゴールボール】銅メダル獲得の瞬間「今がバトンを渡す時」。ゴールボール・浦田理恵が日本代表から引退、新たなステージへ(スポルティーバ/2022年4月5日付)

⇒【卓球】「オリパラ一体」進む卓球。パラ日本代表監督に健常者代表コーチ経験者が就任!(ノーボーダー/2022年4月11日付)

⇒【ゴールボール】『塙保己一メモリアル ゴールボールフェス』 開催! 日本代表「オリオンジャパン」は、24年パリに向けて進化中(パラスポプラス/2022年4月15日付)

⇒【ブラインドサッカー】ブラインドサッカー初のトップリーグ「LIGA.i(リーガアイ)」、7月に開幕!(ノーボーダー/2022年4月18日付)

⇒【パワーリフティング】腕自慢のパワーリフターたちが、「チャレンジカップ」で躍動(ノーボーダー/2022年4月25日付)

⇒【ボッチャ】ロンブー田村淳もトライ!「垣根のない社会」の一歩に。健常者も参戦するボッチャ東京カップが示した可能性(パラスポプラス/2022年4月29日付)

(kh)

アーカイブ

取材や寄稿、講演など
お気軽にご相談下さい

著書

いっしょに走ろっ!―夢につながる、はじめの一歩

「走る」をテーマにさまざまな人々の挑戦を集めた一冊。2012年ロンドンパラリンピック出場を目指す、義足のジャンパー中西麻耶選手と義足職人やコーチたち、全盲のランナー和田伸也選手と伴走者たち、そして、視覚障害ランナーの伴走ボランティアに挑む福井県の中学生たちのドキュメント。

伴走者たち―障害のあるランナーをささえる (ドキュメント・ユニバーサルデザイン)

「障害があってもスポーツを楽しみたい」人たちと、周囲で支える人たちを追いかけた一冊。視覚障害や知的発達障害のある人たちと伴に走る人々の絆や、脚を失った人たちと義足をつくる職人の信頼関係のストーリー。

ユニバーサルデザイン―みんなのくらしを便利に〈2〉くらしの中のユニバーサルデザイン

図鑑「ユニバーサルデザインーみんなのくらしを便利に」シリーズの1冊。障害のある人やいろいろな立場の人の、それぞれの使いやすさを考えて工夫されている商品やサービスに注目。前半では製品のユニバーサルデザイン、後半では情報のユニバーサルデザインについて、豊富な写真と専門家の解説などで紹介。